Hide Login: falseMessage Number: 2

タイムシェアについて

 

今日私達が知るタイムシェア業界は、1960年代の半ばにスイスのアルプスで小さなシステムから発展したことは広く知られています。ヨーロッパ各地の家族はよく休暇を取っていましたが、シャレーやアパートを数家族で共有し、一定期間順番に利用する、つまり、別荘のオーナーシップを共有する方がより安価となると考えました。デベロッパーが、複数のオーナーによるリゾートのオーナーシップの共有というコンセプトを導入し、1週間や2週間単位での「タイムシェア」権利が販売されると、タイムシェアオーナーシップ市場はより安価な価格で利用できる休暇として、より多くの家族を惹きつけ、ヨーロッパでは一大ブームが起きました。

 

 

タイムシェア業界は、お客様が自分へのご褒美として休日を楽しむためのより多くの時間と手取り収入が増えたことにより、バケーション・オプションが一般的に広がったことと、エクスチェンジ制度を導入したことにより、その後数年間は大盛況となりました。タイムシェア・コンセプトは、スペインやポルトガルを中心に、あっという間に広域に広がりました。

タイムシェア業界は1990年代まで急速に成長し続け、エクスチェンジ対象地にアジアや東欧諸国を加えたことにより、世界中で2,300施設が加盟し、タイムシェア・オーナーの数は400万人にまで増加しました。過去10年間、数十億ポンド規模に成長したタイムシェア市場へは起業家と大企業が参入し続けてきました。世界最大手の旅行会社やホテルブランドがそのビジネスモデルの主軸にタイムシェア事業を加え、収益をあげ、ヒルトン、シェラトン、ディズニー、マリオット、ラマダ、フォーシーズンズ、ハイアット、リッツ・カールトン、ラディソンはこの業界を代表する企業となりました。

 

今世紀に入るまでには、何百万人のタイムシェア・オーナーや、その家族・友人が世界中でバケーション・オーナーシップのオーナーとなり、タイムシェア市場は大盛況となっています。今日、タイムシェア市場は、100カ国以上、約4,300ヶ所のリゾートで利用できるまでに拡大しました。195カ国以上からなるタイムシェア・オーナーの出身国のうち、約45%が米国出身です。